大学院生の1日の過ごし方はどのような感じなの?研究室の1日を紹介!!

みなさんこんにちは。伊東智寛です。

この記事では、“大学院生の研究室における1日の過ごし方”というタイトルでお話ししようと思います。

学部生でこれから研究室配属をする人は、1日をどのようなスケジュールで過ごしているか気になるかと思います。

ここでは一例として私の1日のスケジュールを簡単に紹介したいと思います。

研究室によって生活環境は全く異なる可能性があるので、参考程度にご覧下さいね。

5:00
起床
“早起きは三文の得”という信条のもと毎日5時頃に起床します。

起床後数時間は頭の回転が速いのでブログの執筆や研究論文を読んだりしています。

ちなみに早起きが苦手な人向けに以下記事を執筆したので、興味があればご覧下さい。

早起きが苦手な人必見!!朝型人間になるためのコツ!!
7:00
研究室到着・午前実験開始
朝活を終え、およそ7時頃には研究室に到着です。

本日は真空チャンバーと高出力レーザーを用いて超伝導の薄膜を作製します。

詳しい研究内容に興味のある方は以下リンクを参考してください。

12:00
昼休憩
助教の先生と生協の食堂で昼ご飯です。

最近は健康面に注意しており、”バランスランチ”を毎日食べています。

午後のパフォーマンスを維持させるために昼食後は20分程昼寝を必ずします。

13:00
午後実験開始
午後は午前中に作製した超伝導薄膜の評価を主に行います。

X線回折(X-ray diffraction : XRD)法や表面走査型電子顕微鏡(Scanning Electron Microscope:SEM)を用いて作製された薄膜の結晶性や表面観察を行います。

16:00
データの解析
帰宅前に得られたデータの解析を行います。

日頃愛用しているVAIOのパソコンを用いて、3画面表示で効率よくデータ解析を行います。

(このVAIOのパソコンのレビューを行ったので興味のある方は以下記事をご覧下さい。)

~2 in 1パソコン VAIO A12~ 使用レビューと効率的な使い方

18:00
帰宅
特別な事情が無い限り18時頃には帰宅します。

一応研究室内で最上級生なので、後輩達に気を遣わせないために、さっさと帰宅しています。

19:00
軽い運動 & 夕食 & 入浴
帰宅後は15分程度軽く運動しています。

今流行の”リングフィットアドベンチャー”を入手できたので、毎日楽しく運動をしています。

運動後は夕食です。最近は体型が気になってきたので、タンパク質の食事がメインです。

22:00
就寝
入浴後は軽く読書をしたりとまったり時間を過ごしています。

大学院での研究室のイメージは沸いたでしょうか。

学部と違い、大学院は授業が非常に少なく基本研究メインの生活をしています。

もし大学院生活で気になる点がありましたら、以下コメント欄にて気軽にご質問ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA